ハウスメーカーで注文住宅を建てる時にかかる費用

最高に贅沢な注文住宅を建てる

夢のマイホームの代表格と言えるのが注文住宅です。建売一戸建て住宅の場合は、基本的にはすでに出来上がった家を見学して、気に入った人が購入します。気に入ったから購入するわけですが、その細部にわたって全て自分の理想通りの建売住宅を購入できる人はほとんどいません。少しは妥協点があり、建売住宅を購入します。その一方で注文住宅は土地を購入して、その土地に自分の希望する間取りで家を建ててもらいます。ですから、ほぼ妥協することなく家を建てることができて、理想通りのマイホーム購入となります。オリジナルの家を建ててもらうわけですから、一般的な建売一戸建て住宅に比べると、費用は高くなります。それでも一生ものの家ですから、注文住宅が魅了的です。

どれくらいの費用がかかるか

注文住宅で家を建てる場合にはどれくらいの費用がかかるか、この金額が気になるところです。土地代は別として考えた場合、同じ間取りの建売一戸建て住宅でかかる建築費に比べて、注文住宅でかかる建築費には600万円程度の差が出ます。例えば、4人ファミリーで4LDKの家を建てるとすると、1800万円程度かかるのが注文住宅です。あとは、この費用から色々とオプションをつけていくことにより、かかる建築費はさらに高くなっていきます。お金はそれほど出すことはできないけれど、注文住宅を建てたいなら、安いところの土地を購入するしかないでしょう。ハウスメーカーの場合、工務店に比べると少しかかる費用が高めの傾向なので、さらに安くするためには工務店で建ててもらうことも一つの方法です。

© Copyright Buy A Property In Fukuoka. All Rights Reserved.