工務店利用による価格帯

工務店を利用すればコストが抑えられる

注文住宅を建築する工程には、多種多様な工事が含まれています。建築費用の相場は、大手メーカーが最も安く、人気の建築士が所属している事務所が最も高いです。工務店は、大手メーカーや中小企業よりも割高になる傾向が強いでしょう。しかし、顧客1人1人を大切にし、きめ細かなサービスを提案できます。購入者の要望に合わせて予算を設定できるため、3000万円以下で注文住宅を建てることが可能です。例えば、1000万円以上2000万円未満の注文住宅の場合、シンプルな住宅をイメージして設計していきます。単純な構造を採用すると共に、多機能の住宅設備や機器を設置しません。その結果、使用する材料の単価を抑え、施工期間を短縮できます。全体のコスト低減を図ることによって、相場をはるかに下回る値段で注文住宅が完成します。

予算2000万円以上で家を建てた場合

建築費用の予算が増えれば増えるほど、グレードの高い注文住宅を建てられます。優先順位の高い要望を実現させられるのではないでしょうか。一般的に、予算2000万円以上3000万円未満で工務店に注文住宅を依頼した場合、床延べ面積が110~120平方メートル前後です。台所や浴室に最新の機器を設置でき、各部屋に出窓やバルコニーを付けられます。その上、特殊な素材を部分的に使用できます。予算1000万円台の折には妥協しなければならない点が多々ありますが、2000万円以上に増えれば選択肢が多くなるでしょう。思い描いた通りの家を建てることが難しいものの、理想に少し近づけるのではないでしょうか。3000万円以下でマイホームを建てたい方には工務店がオススメです。

© Copyright Buy A Property In Fukuoka. All Rights Reserved.